Light Pop EXのカスタマイズについて - 霧中の蒼鳥

霧中蒼鳥

-The blue bird in the mist-

Light Pop EXのカスタマイズについて

Light Pop EX(以下LPEX)には豊富なカスタマイズ項目を備えています。
中には副作用が生じるものもあるので使用する前に一度目を通しておくことをおすすめします。

※以下の内容はv1.16.1224.2を元に記載しています。
それ以外のバージョンでは仕様変更等により一部記述と異なる場合があります。

カスタマイズ項目

カスタムオプション

LOAD START TIME

FASTにするとロード開始前の演出をカットしてロード開始時間を短縮します。
(初期値: NORMAL)

GAUGE TYPE INFO

ONにすると判定ライン下にゲージ種別が表示されます。
(初期値: ON)

GAUGE TYPE INFO

GAUGE WARNING

ONにすると減少型ゲージの時に28%以下になった時に警告が出ます。
(初期値: ON)

GAUGE WARNING

BOMB ANIMATION

爆発アニメーションの早さを設定します。
(初期値: NORMAL)

  • NORMAL … LightPop標準の早さです。
  • FAST … NORMALに比べてアニメーションが早くなります。OADX3準拠です。
BOMB POSITION FIX

一部ボム(Senaシリーズのボムなど)使用時にボムが右にズレてしまうのが気になる場合はONにしてみてください。
※正常な環境でONにするとボムが左にズレるだけなので注意してください。
(初期値: OFF)

LASER ANIMATION

レーザーアニメーションの早さを設定します。
(初期値: NORMAL)

  • NORMAL … LightPop標準の早さです。
  • FAST … NORMALの半分の早さです。こちらの方が本家の早さに近いです。
  • VERY FAST … NORMALの1/5の早さです。
  • INSTANT … アニメーションせず、押した瞬間に表示され離した瞬間に消えます。
LASER LENGTH

レーザーの長さを設定します。
(初期値: FULL)

  • FULL … 標準の長さです。
  • HALF … 長さがFULLの半分になります。
  • QUARTER … 長さがFULLの1/4になります。

LASER LENGTH
(左からFULL、HALF、QUARTER)

LASER WIDTH

SIDE CUTにすると両白レーンのレーザーの外側2pxがカットされます。
(初期値: NORMAL)

LASER WIDTH
(左: NORMAL 右: SIDE CUT)

HIDE LN-LASER

ONにするとLNホールド時にレーザーを表示しません。
(初期値: ON)

GHOST TYPE-EX

ONにすると本家対戦風のゴースト表示になります。
この場合通常のゴーストは表示されなくなります。
(初期値: OFF)

GHOST TYPE-EX

INFORMATION

右上の情報表示エリアの設定をします。
(初期値: ALWAYS DISPLAY)

INFORMATION

  • ALWAYS DISPLAY … 常に表示します。
  • ONLY COURSE … コースモード及び段位認定モード時のみ表示します。
BGA TYPE

BGAの表示形式を設定します。
LR2本体側のBGA SIZEの設定に合わせて変化します。
(初期値: TYPE-1)

  • TYPE-1 … キャラ表示エリアに表示します。
    • TYPE-1 (BGA NORMAL)
      TYPE-1 (BGA NORMAL)
    • TYPE-1 (BGA EXTEND)
      TYPE-1 (BGA EXTEND)
  • TYPE-2 … 背景に表示します。
    • TYPE-2 (BGA NORMAL)
      TYPE-2 (BGA NORMAL)
    • TYPE-2 (BGA EXTEND)
      TYPE-2 (BGA EXTEND)
WALLPAPER SIZE(ワイドのみ)

壁紙のサイズを設定します。
(初期値: FULL)

  • FULL … 全画面表示です。
  • KEEP ASPECT … アスペクト比固定表示です。これを選択した場合、左右端に枠がつきます。
USE BACKBMP

ONにすると背景にBACKBMPを使用します。
Toy MusicalシリーズやColorful CanvasシリーズのPMSパッケージの曲で曲ごとに設定された画像を表示できますが、近年ではBACKBMPは7keysや14keysスキン用のタイトル画像として使用されているため非推奨です。
(初期値: ON)

USE STAGEFILE

ONにすると背景にSTAGEFILEを使用します。
BACKBMPとSTAGEFILEの両方がONの場合はこちらのほうが優先されます。
(初期値: ON)

STAGEFILE(CHARA)

キャラ背景にSTAGEFILEを使用するか設定します。
STAGEFILEがない場合はBACKBMPを使用し、両方存在しない場合はCHARA BACKGROUNDで設定した画像が表示されます。
(初期値: OFF)

  • TYPE-1 … STAGEFILEの左端240pxを使用します。
  • TYPE-2 … STAGEFILEの中央240pxを使用します。
  • TYPE-3 … STAGEFILEの右端240pxを使用します。
HEARTBEAT

ONにするとスキン選択画面以外でオブジェがドキドキするようになります。
PMオブジェ系のみ有効です。
(初期値: ON)

LOST

GOOD以上の判定・現在コンボ数・レーザーの非表示を設定します。
(初期値: OFF)

  • LEVEL1 … レーザーが非表示になります。
  • LEVEL2 … レーザーとボムが非表示になります。
  • LEVEL3 … レーザーとボム及びGOOD以上の判定が非表示になります。

ONにするとOADX+Linkが有効になります。ONにする場合はRED BELT SKIN SERIESの導入が必須になります。
※RED BELT SKIN SERIES未導入の場合でONにするとキャラ表示等がバグるので注意してください。
(初期値: OFF)

カスタムファイル

以下の項目はカスタムファイル仕様に沿ってファイルを追加することが出来ます。

FRAME

フレームを選択します。
ゲージを24粒ゲージに変更する場合はここで対応フレームに変更します。
(初期値: LPEX Standard)

  • LPEX Standard … Light Pop EXの標準フレームです。ゲージ背景連動はもちろん、HS-FIX状態の表示などLPEX系フレームのみの機能もあります。
    LPEX Standard
  • LPEX Blue Feather … 青い鳥をイメージしたフレームです。
    LPEX Blue Feather
  • LPEX Standard+ / LPEX Blue Feather+ … LPEX Standard / LPEX Blue Featherを24粒ゲージに変更しまだ出てないジャッジカウントを非表示にしたフレームです。
    LPEX Standard+
  • Light Pop (Original) … 元のLight Popのフレームです。
    Light Pop (Original)
  • Light Pop (Gauge Linked) … Light Popのフレームにゲージ背景連動を追加したものです。(LPwide / LPmodの「GAUGE BACKGROUND」GAUGE LINKED状態と同等)
    Light Pop (Gauge Linked)
SEQUENCE

オブジェの形・色を選択します。
(初期値: PM)

  • PM … 通常のオブジェです。
    PM
  • PM(Light Pop) … Light Pop v3.10と同様のオブジェです。(旧「PM」(v1.40)、「PM(LN TYPE-2)」(v1.35以前))
    PM(Light Pop)
  • BM … 7keyや14keyで使用されているオブジェに近くなります。
    BM
  • BM(OADX-LN) … BMオブジェのLNをOADX3と同様にしたものです。(旧「BM」(v1.40))
    BM(OADX-LN)
  • BM(Light Pop) … Light Pop v3.10と同様のBMオブジェです。(旧「BM(OLD)」(v1.40)、「BM」(v1.35以前))
    BM(Light Pop)
LANE

レーンの背景を設定します。
(初期値: LPEX Default)

  • LPEX Default … 通常の背景です。色合いが本家19以降寄りになっています。
    LPEX Default
  • LPEX Default (Without Logo) … LPEX Defaultのロゴ無し版です。
  • Light Pop … v1.40以前の標準の背景です。色合いが本家15~18寄りになっています。(旧「Default」(v1.40以前))
    Light Pop
  • Classic … 串ライン背景です。
    Classic
  • BM … 7keyや14keyで使用されている背景に近くなります。
    BM
  • Black … 黒一色です。
BOMB

爆発エフェクトを設定します。
OADXシリーズ用の爆発パーツが使用可能です。
(初期値: Light Pop)

LASER

レーザーを設定します。
(初期値: LPEX Default)

  • LPEX Default … 標準のレーザーです。
  • YELLOW
  • RED
  • BLUE
  • Light Pop Original … 元のLight Popのレーザーです。
  • BM … 7keysや14keysで使用されているレーザーに近くなります。他のレーザーより少し短いです。

LASER
(左からLPEX Default、YELLOW、RED、BLUE、Light Pop Original、BM)

LANE COVER

レーンカバーを設定します。
(初期値: LPEX Default)

JUDGE

判定表示を設定します。
(初期値: LPEX Default)

  • LPEX Default … 通常の判定表示です。
    LPEX Default
  • Light Pop … v1.40以前の標準の判定表示です。(旧「Default(Rainbow Cool)」(v1.40以前))
    Light Pop
  • LR2 … LR2デフォルトスキンの判定表示をアレンジしたものです。(旧「LR2(Rainbow Cool)」(v1.40以前))
    LR2
  • Elegance
    Elegance
  • Serif-Light
    Serif-Light
  • Serif-Bold
    Serif-Bold
SCOREGRAPH TYPE

スコアグラフを設定します。
(初期値: Default)

  • Default … 通常のスコアグラフです。
  • Transparent … スコアグラフが半透明になり、背景やキャラが見えるようになります。
LEFT SIDE / RIGHT SIDE (ワイドのみ)

左端/右端に表示するものを選択します。AUTOPLAY時には一部を除き強制的にNONEになります。
(初期値: NONE / NONE)

  • NONE … 何も表示しません。
  • COMBO GRAPH … コンボグラフを表示します。
  • JUDGE RATE … 判定レートを表示します。
  • SCORE GRAPH … スコアグラフを表示します。このグラフはシステムオプションの「SCORE GRAPH」の影響を受けません。
    この項目を選択した場合は右キャラ表示枠のグラフは表示されません。
  • ILLUMINATION 1 / 2 / 3 … 本家旧筐体の左右ネオンのようなものを表示します。1は判定、2はBPM、3はゲージ上昇に連動して光ります。この項目のみAUTOPLAY時でも有効です。

LEFT SIDE / RIGHT SIDE
(左からCOMBO GRAPH、JUDGE RATE、SCORE GRAPH、ILLUMINATION 1)

LEFT CHARA / RIGHT CHARA

キャラ表示エリアに表示するキャラを選択します。
キャラの追加方法についてはキャラについてを参照。
(初期値: NONE / NONE)

  • COMBO GRAPH (スタンダードのみ) … キャラの代わりにコンボグラフを表示します。左側限定です。
CHARA BACKGROUND

キャラ表示エリアの背景を選択します。
(初期値: NONE)

BACK GROUND

背景を設定します。
ここで設定した画像はBACKBMP及びSTAGEFILEを使用しない(もしくは存在しない)場合に表示されます。
(初期値: Light Pop)

BOTTOM INFO (スタンダード)、 BOTTOM INFO LEFT / BOTTOM INFO RIGHT (ワイド)

左下に表示される情報表示の内容を設定します。ワイドでは右下にも表示できます。
(初期値: NONE)

BOTTOM INFO
(スタンダード)

BOTTOM INFO LEFT / BOTTOM INFO RIGHT
(ワイド)

  • NONE … 何も表示しません。
  • FREE PLAY … 「FREE PLAY」と表示します。
  • GAUGE PERCENTAGE … ゲージの%表記を表示します。
  • GAUGE TYPE … ゲージ種別を表示します。
  • IR STATUS … LR2IR接続状況を表示します。
  • JUDGE RANK … 判定の辛さを表示します。
  • SCORE RATE … スコアレートを表示します。
BARLINE

小節線の表示を設定します。
(初期値: OFF)

  • OFF … 表示しません。
  • WHITE 20PER … 塗り20%の白です。
  • WHITE 50PER … 塗り50%の白です。
FULLCOMBO EFFECT

フルコンボ時のエフェクトを設定します。
(初期値: LPEX Default)

FAILED SHUTTER

閉店時のシャッターを設定します。
(初期値: Light Pop)

カスタムファイル仕様

※画像ファイルの形式は全てPNG形式です。画像ファイル名が任意であっても拡張子が.pngでない場合は認識しません。

フレーム
参照タイプ フォルダ参照
参照フォルダ OA_LP_EX\(standardもしくはwide)\frame
csvファイル名 common.csv / main_normal.csv / main_fast.csv / parts_normal.csv / parts_fast.csv / ln_laser_hider_frame.csv
画像ファイル名 parts.png (gr0) / main.png (gr1) / 任意 (common.csvで定義、gr27-29)
画像サイズ 任意
備考1 使用フォントはcommon.csvで定義 (グラフ用フォントがfont2、他任意)
備考2 壁紙システムを無効にする場合はcommon.csv内でop993を有効にすること
この場合壁紙が表示されなくなりLOAD START TIME FAST、BGA TYPE-1に固定され、main_normal.csv、parts_normal.csvは不要となる
備考3 v1.16.1224.0でln_laser_hider_frame.csv追加
オブジェ
参照タイプ フォルダ参照
参照フォルダ OA_LP_EX\(standardもしくはwide)\obj
csvファイル名 obj.csv
画像ファイル名 obj.png (gr9)
画像サイズ 任意
備考 v1.35でgr番号変更(gr20→gr9)
レーン
参照タイプ 画像参照
参照フォルダ OA_LP_EX\(standardもしくはwide)\lane
画像ファイル名 任意 (gr11)
画像サイズ 308x327 (スタンダード) / 230x327 (ワイド)
備考 v1.20で両白レーンのみスタンダード35px、ワイド25pxに変更
v1.16.1224.0で透過レーン非対応に変更
ボム
参照タイプ 画像参照
参照フォルダ OA_LP_EX\common_parts\bomb
画像ファイル名 任意 (gr4)
画像サイズ 2896x192、16コマ (スタンダード、ワイド共通)
備考 OADX系列のボムと同規格、OADX3用とOADX+ 2.61までのボムが使用可能
(2.70以降用のボムも使用可能だがLNボムには非対応)
レーザー
参照タイプ 画像参照
参照フォルダ OA_LP_EX\(standardもしくはwide)\laser
画像ファイル名 任意 (gr12)
画像サイズ 66x358 (スタンダード)/49x358 (ワイド)
備考1 レーザー幅スタンダード38px、30px / ワイド28px、23px
左から幅広、幅狭の順に配置
備考2 v1.20で下段レーザー幅が2px増加
レーンカバー
参照タイプ 画像参照
参照フォルダ OA_LP_EX\(standardもしくはwide)\lanecover
画像ファイル名 任意 (gr8)
画像サイズ 310x327 (スタンダード) / 232x327 (ワイド)
備考 v1.20でレーザー幅変更に伴いこちらも2px増加
v1.16.1224.0でレーンカバーの下にレーン背景も表示するように仕様変更
判定
参照タイプ フォルダ参照
参照フォルダ OA_LP_EX\(standardもしくはwide)\judge
csvファイル名 judge.csv
画像ファイル名 judge.png (gr10)
画像サイズ 任意
備考 v1.35でgr番号変更(gr21→gr10)
スコアグラフ
参照タイプ フォルダ参照
参照フォルダ OA_LP_EX\(standardもしくはwide)\graph
csvファイル名 normal.csv / fast.csv
画像ファイル名 graph.png (gr14)
画像サイズ 任意
備考 v1.20で追加
左右グラフ
参照タイプ フォルダ参照
参照フォルダ OA_LP_EX\wide\side
csvファイル名 left-normal.csv / left-fast.csv / right-normal.csv / right-fast.csv
画像ファイル名 任意 (各csv内で定義、左側gr40-44、右側gr45-49)
画像サイズ 任意
備考 v1.20でフォルダ構成変更、left / rightの区別廃止
キャラ
参照タイプ フォルダ参照
参照フォルダ OA_LP_EX\chara\(standardもしくはwide)
csvファイル名 left.csv / right.csv
画像ファイル名 任意 (各csv内で定義、左側gr30-34、右側gr35-39)
画像サイズ 任意 (※テンプレート使用時は備考2参照)
備考1 名前用画像を配置する場合は128x45(スタンダード)、96x45(ワイド)の画像をgr34(左) / gr39(右)に定義しop990(左) / op991(右)を有効にすること
備考2 1枚絵用テンプレートをOA_LP_EX\chara_template以下に添付
これらを利用する場合の画像サイズは128x256(スタンダード)、96x256(ワイド)、80x128(OADX3互換)、1344x278(「動くマスコット」互換、168x278 8コマ)
備考2 v1.20でフォルダ構成変更、OA_LP_EX\chara\(standardもしくはwide)に移動しleft / rightの区別廃止
キャラ背景
参照タイプ 画像参照
参照フォルダ OA_LP_EX\(standardもしくはwide)\chara_bg
画像ファイル名 任意 (gr15)
画像サイズ 128x256 (スタンダード) / 96x256 (ワイド)
背景
参照タイプ 画像参照
参照フォルダ OA_LP_EX\background
画像ファイル名 任意 (gr3)
画像サイズ 640x480 (スタンダード、ワイド共通)
備考 v1.20でフォルダ変更 (OA_LP_EX\common_parts\backからOA_LP_EX\backgroundに移動)
下部情報表示
参照タイプ フォルダ参照
参照フォルダ OA_LP_EX\(standardもしくはwide)\bottom_info
csvファイル名 left.csv / right.csv (ワイドのみ)
画像ファイル名 bottom.png (左側gr20、右側gr21(ワイドのみ))
画像サイズ 任意
備考 v1.30で追加
v1.35でgr番号変更(gr9→gr20、gr10→gr21)
小節線
参照タイプ 画像参照
参照フォルダ OA_LP_EX\common_parts\barline
画像ファイル名 任意 (gr5)
画像サイズ 1x1 (スタンダード、ワイド共通)
備考 v1.20で追加
フルコンボエフェクト
参照タイプ フォルダ参照
参照フォルダ OA_LP_EX\(standardもしくはwide)\fullcombo
csvファイル名 fc.csv
画像ファイル名 fc.png (gr6)
画像サイズ 任意 (※備考参照)
備考 v1.40で画像参照からフォルダ参照に変更
v1.35以前用のフルコンボエフェクトは「Light Pop Original」に含まれるcsvを流用することで使用可能
(v1.35以前の画像サイズは3388x318 (スタンダード) / 2530x318 (ワイド)、11コマ)
閉店
参照タイプ フォルダ参照
参照フォルダ OA_LP_EX\common_parts\close
csvファイル名 close.csv
画像ファイル名 close.png (gr2)
画像サイズ 任意
備考 v1.20で画像参照からフォルダ参照に変更